薬を使わずになおす方法

理解するための知識

精神症状から理解する

うつ病は、自殺にもっとも結びつきやすい疾患で、治療により治る病気であるが、治療を受けていない人が多いのも事実である。気である。この病気には様々なタイプがある。内因性うつ病あるし、身近な人の死がきっかけとなるなどの反応性うつ病もある。しかし未だ精神科への受診に抵抗感をもつ人が少なくない。症状としては、精神症状と身体症状がある。精神症状としては、抑うつ気分で気分が重く沈んだ状態になる。気分の日内変動、意欲低下、集中力も低下し、注意散漫となり仕事なのでミスが増えるようになる。症状が進むにつれて何でもやれていた仕事や家事が思うようにできなくなり、楽しく感じられていたことも次第に楽しくなくなり、悲哀感さえ感ずるようになる。こうして自責の念が強くなり、自分を価値のない人間だと自殺を考えたり試みたりするようになる。

うつ病に向き合うまでの大切さ

一方、身体症状としては、不眠などの睡眠障害が現れ、食欲減退、体重も減少、疲労感、倦怠感が強くなり、性欲が低下することもある。他方で、頭痛や体の部位に痛みも見られることもある。そのため本人も家族も内科的な病気と思い、内科を受診し、検査したものの異常なしとして見過ごされてしまうケースも多々ある。とりわけ、内科を受診するケースの中に、仮面うつ病といわれる精神症状よりも身体症状が前面に目立っつことで見逃されることが多い。これにより身体症状といっても痛みの原因がわからず、周囲から詐病ではないかとの疑いをかけられ、さらに本人を追い込んでしまうこともある。したがって本人も周囲の人も精神症状の悪化に正直に向き合っていくことが大切である。